うまい話には、裏がある。その1

これはつい最近、
私と家族に起こった実話です。
(注!会話はバリバリの博多弁、そのままです。)

1月31日の金曜日。
月末、そして今週も仕事が終わろうとする夕暮れ時、
携帯に着信がありました。
母からでした。

 「あのさー、ちょっと考えてほしいっちゃけど。

今ね、屋根の修理の見積もりをしてもらいよるっちゃけどさ、
屋根の瓦が割れとるところが何箇所かあるって。
あとムネとかトウとか?
漆喰が剥がれとうけん、
このままでは危ないとって。

修理せんかったら、雨漏りして、
そのうち瓦がずれて全部落ちてくるってさ。
もしそうなったら200万円くらいかかりますよ、
って言われるけんさー。

それで、見積りが2つあって、
とっちがいいか聞きたい。

1つは、屋根の全体を修理するというもので、
見積りは(約)35万円やけど、
うちの瓦と同じものが、
その業者さんの会社に在庫があるけん、
値下げして(約)25万円でいいって。

もう1つは、被害の部分だけ修理するもので、
そっちは(約)10万円。
どっちがいいと思う?」

 「なんでそこ(の会社)に見積もりすることになったと?」

 「(近所の)●●さんところの作業をしよるっていう業者さんが、
さっきうちに来たったい。
●●さんちの屋根の上から、うちの屋根が見えたっちゃないかいな。
それでうちも雨どいの掃除をお願いしたったい。

そのついでに瓦とかも見てくれたみたいやけど、
かなり痛んどるって。
屋根のムネ?の漆喰も修理したほうがいいって言われるけん、
それならお願いしようかねーと思って。

屋根が落ちてきたら怖かろーが。

この前の風でも、瓦が少し割れとるやろうけん、
どうせ頼まないかんっちゃけん。

あとから200万円もかかるよりは、
10万円くらいで済むなら、
今のうちにしてもらった方がいいやん。」

 「ちょっとまって。
ムネとかトウとか、
どこがどういう意味でその修理がいるのか、
全然分からん!」

 「いいやん、業者さん、ほんとよか人やけん。
保険の手続きも全部してくれるっていうし。」

 「なんで保険の話?」

 「この前の風で瓦が割れたって(落ちてきた破片の)話をしたらね、
保険会社に出す書類も全部作ってくれるって。

保険でできるところは保険でして、
保険でできんところは少し出さないかんって。

その業者さんは、
もう100件以上保険の申請書類を作ったとってよ。
僕が作ったらほとんど通りますってよ。
そんなことまでしてくれるって、
よかろーが?よか人やん!」

 「保険の書類作ってくれるけん、いい人?
意味がわからん。
ちゃんとした会社ならどこでも、
保険のことくらい知っとろーもん。
必要なら教えてくれるやろーもん?」

 「いいや、そんなこと普通は教えてくれん。
しかも、手続きは業者さんがしてあげますって言うっちゃけん!
よかやん!」

 「全然よくない!
とりあえず、今すぐ決めるのはやめて。
ちょっとKくん(建設業と不動産業の会社社長をしているいとこ)に聞いてみるけん。

Kくんとか、仕事関係で知り合いの業者さんもおるかもしれんし、
紹介してもらうかどうかして、
その修理が妥当かどうか、調べんと分からん!

とにかく、今から電話してみるけん、
ちょっと待っとって!」

そう言って、私は一旦電話を切りました。


後に分かったことですが、この電話は、
業者さんを目の前にして説明を受けている母が、
今すぐにでも契約してしまいそうな様子を見て、
父が、父の言うことも聞き入れなくなった母に対し、
「ちょっと久美子に電話してみぃ」
と言って、かかってきたものでした。

それから私は、
いとこに電話して聞いてみることにしました。


・・・次回につづきます。