うまい話には、裏がある。その2

(前回の記事の続きです。)

母との電話を切ってからすぐに、
私は、建設業と不動産業の会社社長をしているいとこに電話しました。

 「あのね、今、母がうちの屋根の瓦の修理の見積りをしよるらしくて、
なんかトウとかムネとか言うっちゃけど、
わけわからんったい。

で、漆喰の塗り直しをせんと、
そのうち雨漏りしてきて、
いずれ屋根が全部落ちてくるって言われようみたいっちゃけど、
そんなことあると?」

いとこ 「ああ、棟(ムネ)ね。
その業者さんは、知り合いかなんか?」

 「私もよく分からんっちゃけど、
なんか近所の人の知り合い?紹介?
近所の人がどうこう言いよった。」

いとこ 「知り合いの紹介とか、
そういうちゃんとしたルートなら、
そんなに心配せんでもいいやろうけど。

でもそうじゃなくて、
飛び込み営業とかで、
いきなり家を訪問してくる業者なら、
怪しいけん気をつけないかん。

弱みに付け込むような業者も多いけんねー」

 「なんか私もいまいちよく分からんっちゃけど、
その業者さんいい人やけんって。

保険の手続きも全部してくれるけん、
もう頼むって言いよるんやけどさー。」

いとこ 「保険?
瓦修理せないかんようなことって、
なんかあった?」

 「なんか、数日前の強風で、
屋根に裏の木が落ちてきて、
割れた瓦の破片が庭にあったとか言いよったけど・・・」

いとこ 「瓦が割れとうなら、
それは交換した方がいいけどね。
でも普通は、棟の漆喰まで修理することはないと思うけど。

まぁ、どういう状況かは、
現場見てみらんとわからんけん、
とりあえず、相見積り(あいみつもり)取りますって言うようにした方がいいけどね。

ちなみに、その業者の名前、何て言うと?

 「業者の名前・・・?」

いとこ 「オレがおばちゃんと話して聞いてみるけん、
携帯の番号教えて!」

そうして、いとこのKくんに、直接母と話をしてもらうことにしました。

・・・また次回につづきます。